有料老人ホームの決め方|一人暮らしが寂しいならココ

シニア

実情に合うサービスです

女性

独自サービスが可能です

高齢者人口が増加している日本社会では、国力の低下が懸念されています。そのため、介護サービスの充実が、産業振興の一環として精力的に進められています。介護予防・日常生活支援総合事業は、介護保険法の改正と施行に伴って平成27年から導入された新しいサービスです。従来の介護制度は全国一律のサービス提供を目指した結果、様々な制約を内包していました。その結果、各地域に応じた実情の合わない場合、十分なサービスを提供できない場合がありました。そうした反省に基づいて、介護予防・日常生活支援総合事業は地域の状況に合わせた配慮を可能にしています。具体的には、市町村を中心にして、地域住民等が主体的に介護業務に参加できることが介護予防・日常生活支援総合事業の特徴です。つまり、条件に合わせた多様なサービスを開発することで、今までより効果的で効率的な介護業務を可能にします。そのため、地域社会を充実させる可能性が高まることが、介護予防・日常生活支援総合事業が注目されている理由です。特に、近年は、退職者であっても健康で社会活動に対する意欲の強い高齢者が増加しています。そのため、従来は不可能であったボランティア等として参加できるシステムを容認している介護予防・日常生活支援総合事業は、高齢者から高く評価されています。経験豊富な社会人の様々なノウハウを活用した介護制度を考案することで、高齢者の一層充実したサービスの利用が期待されています。